My Device Hack Blog

主にPS Vita,3DSを中心としたハックに関する記事をあげていきます。本人のやる気次第で記事の更新頻度が決まりますのでご理解お願いします。

遂にカスタムフォント導入

カスタムフォントの導入方法です。

はい。

現在、導入方法が3つほどあります。

1.sa0:を書き換える。
こちらは以前試そうとして書き込めなかった領域ですがそれは単にVitaRWの不具合だそうです。


この方法でのメリット
特定の公式アップデータ(※1)を適用して最新バージョン(※1)に更新してもカスタムフォントが維持される。
(そんな事する人はいないと思いますが)
※1.最新バージョンでなくとも任意のバージョンでも構わない。


デメリット
適用するフォントが対応していない物だった場合、セルbrick(ほぼbrick。3dsのようなBootROMハックが見つからない限り復旧不可能)

  • この1番方法については少々お待ちください -

2.skgleba氏のアプリケーションを使う。
こちらはフォント読み込み領域をsa0:からux0:又はur0:にしてしまうモノです。

これにはvs0:vsh/shell/に存在する"img_plugin.suprx","libhandwriting.suprx","libpgf.suprx","libpvf.suprx"を書き換えるようです。

↓↓↓ここ注意⚠↓↓↓


このアプリケーション起動の前に"sa0:data/"のdataフォルダを"ux0:"又は"ur0:"へのコピーが必要です。


↑↑↑ここ注意⚠↑↑↑


メリット
書き換えるフォントが対応していないモノでもFWの再インストールで復旧可能

デメリット
書き換えるフォントが対応していなかったり、"sa0:data/"から"ux0:data/"又は"ur0:data/"へのコピーしていなかった場合、FWの再インストールが必要になる。



gbatemp様の記事

https://gbatemp.net/threads/release-sa0tour0-safely-mod-contents-of-sa0-i-e-fonts.485050/

直接ダウンロードすると言う方用リンク

https://mega.nz/#F!mwhFVb5b!NU8cUpfpkxn31ccU1E8KUQ




3.cxziaho氏のアプリケーションを使う(taihenプラグイン)

こちらは一番安全となっております(現時点では)

フォントファイルを"ux0:data/font/"にコピーしアプリケーションを起動、適用したいフォントを選択すると適用されるはずです。
(未検証)


適用したフォントが未対応だった場合、再起動時にLボタンを保持しながら再起動するとコンフィグファイル読み込みがスキップされます。

これにより未対応フォントの読み込みを回避出来ます。



アプリケーションダウンロードリンク

https://github.com/cxziaho/fontInstaller


詳しくはglanheit様の記事を参照してください。

https://emptiness.space/20171007-notes/