My Device Hack Blog

主にPS Vita,3DSを中心としたハックに関する記事をあげていきます。本人のやる気次第で記事の更新頻度が決まりますのでご理解お願いします。

PS Vita、CFW流出!?

どのゲーム機でもいつかはハックされ解析されを繰り返して再起動しても改造状態が維持されるCFWが開発されます。

そしてPS VitaのCFW、『HENkaku Enso』がベータ版ではありますが開発されテスターにのみ配布されていました。

しかし誰とは言いませんがHENkaku Ensoのインストーラーを流出させてしまいました。

これを流出させた方は以前にもROMバックアップツールであるVitaminを流出させた方です。

ですがHENkaku EnsoのインストーラーはVita本体のCID(コンソールID)の呼ばれるモノを見て起動します。

流出したモノでもテスターのCIDと違えば強制的にliveareaに戻される仕組みだったのです。

戻されるはずだったのです...。

なんと流出させた本人は「HENkaku Ensoのインストーラーを解体した」と言っていました。(多分逆アセンブル)

なのでCIDのチェックを外す事も出来ます。

はい。やらかしました。

流出させた方がCIDのチェックを外したHENkaku Ensoのインストーラーをオンラインストレージにあげていましていました。

当たり前ですが現在は既に本人の手で削除されています。


これが原因で超すごい人のtheflow氏が激怒していました。

theflow氏のお言葉
「彼はHENkaku Ensoのインストーラーを流出させた。私はHENkaku Ensoのインストーラーの開発に関わっていないが私は本気で怒っている。」

「皆、こいつをブロックして(Twitterの運営に)報告してください。」


これは本気ですね...


これは私からなのですが流出したモノをダウンロード出来てしまった方へ

流出したHENkaku Ensoをインストールするのはダウンロードした本人の自由です。
しかしまだベータ版であり再起動する度にランダムな確率でfull brickするバグが存在します。
full brickしたならセーフモードで直せばいいじゃんと思っている方もいるようですが起動プロセスの構造上セーフモードの起動すら不可能です。
なのでインストールしてしまった方は即アンインストールする事をおすすめします。
他にもまだメモリーカードが破損する等のバグがあるようです。
俺は私はfull brickしても構わない!と言う方は自己責任で使い続けても結構です。


HENkaku Ensoのテスト映像
https://youtu.be/9K1tir4AEco


HENkaku Ensoの公式リリース日は7/29です。